注目キーワード
  1. 投資
  2. 楽天
  3. クレジットカード

積立NISA口座開設申し込み

  • 2020年1月29日
  • 投資
  • 82回
  • 0件

積立NISA

昨日1/28に、楽天証券で積立NISA口座の申し込みをしました。

証券会社の口座を持っていればオンラインですぐに出来ると思い、通勤時に積立の申し込みをしようとしたら運転免許証の写真が必要で受付後、開設完了まで時間がかかるという事で帰宅後の手続きになりました。

積立NISAでどの銘柄を積み立てるか?まだ決めかねているのですが候補として

  1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
  3. eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  4. eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  5. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  6. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
  7. eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

この中からでしょうか?

どれを選んでも間違い無いのでしょうが、特定口座で始めた投資信託と積立NISAの銘柄整理をしないといけませんね。

 

銘柄選択にあたり

例えば、積立NISAで「eMAXIS Slim全世界株式」、特定口座で「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」というのは意味がないのでしょうか?

どちらも全世界株式をターゲットとしているので値動きは似たり寄ったりでしょう。それならば、特定口座はS&P500でアメリカに特化したものや先進国あるいは新興国と言った銘柄を選んだ方が良いのかもしれません。

 

自己責任

最終的にこの言葉に尽きてしまいます。

投資は自己責任。

正解が分からないですからね。20年後、果たして株価はどうなっているのか?上げ下げを繰り返し、最終的に上がっていてくれればいいのですが、定年を迎え少しずつ解約しようとしたころ、大不況に陥っているかもしれません。

日本円の定期預金でコツコツ貯めていた方が、投資信託より結果が良かった!なんて事が起こっているかもしれません。

またはドルを購入していたら20年後1ドル150円になっていて差益がものすごい事になっていた!!があるかもしれません。

こればっかりは本当に分かりません。だからこそ、ポートフォリオが大切なんですよね。