注目キーワード
  1. 投資
  2. 楽天
  3. クレジットカード

楽天銀行で外貨預金

  • 2020年3月14日
  • 楽天
  • 19回
  • 0件

米ドル購入

先日の記事で紹介した「楽天銀行の米ドル1週間定期」を購入してみました。

楽天銀行 1週間もの外貨定期預金

 

2020/2/28【5000ドル】(レート:108.79)543,950円

2020/3/4【5000ドル】(レート:107.68)538,400円

 

この記事を書いている今は108円前後なのでなんとも思いませんが、3/9には一時期101円台まで円高が進んだので、正直驚きでした。またそこでドルを購入しようか悩んだのですが、やっぱり買っておけばよかったですね。

さて、1週間で満期なのでそれぞれ一週間後に外貨普通預金に利息とともに入金されました。

2020/3/6【5006.12ドル】

2020/3/11【5006.12ドル】

という事で、10,000ドル預け入れて1週間後に10,012.24ドルになりました。

さて、気になる結果ですが今の為替相場で計算をすると…

10,012.24ドル×107.29=1,074,213円

543,950+538,400=1,082,350円

1,074,213-1,082,350=-8,137円

という事でマイナスです。

 




大きな勘違い

先日、楽天証券で米国ETFを購入しました。

VTI / バンガード・トータル・ストック・マーケットETF購入

実は、この後にもSPYDを買っています。楽天証券を使っているかたは分かると思うのですが、

購入画面に「円貨決済と外貨決済」を選択する場所があります。今までは円貨決済にして楽天銀行から即時入金して購入していたのですが、楽天銀行で米ドルを用意しておけば、そのまま円と同じようにドルを即時入金して決済出来ると思っていたのです(実際には出来ません)。

よく調べもせずに「楽天銀行と楽天証券なんだから、円と同じようにドルでも出来る」という大きな誤解をしていたので、少しでも円高になった時にドルを用意しておこうと。まあ、今はさらに円高になっていますが(;´Д`)

ですので、もう少し円安に振れるまでこのまま放置です。