注目キーワード
  1. 投資
  2. 楽天
  3. クレジットカード

LINEモバイル

格安simで固定費を節約

投資に充てる原資を増やす方法として、固定費の削減があります。まず一番に目を付けたのが「通信費」です。

いわゆる携帯電話の料金ですが、格安simに切り替えることでかなり通信費を抑える事が出来ます。

実際に1年以上前から格安simを使用していますが、特に困ったことも無く使えています。

現状は

私⇒BIGLOBEモバイル

家族⇒LINEモバイル

ですが、以前は私もLINEモバイルを使っていました。

なぜ私だけがBILOBEモバイルに切り替えたか?

それは「エンタメフリーオプション」があるからです。

このオプションを付けると、YouTube、 AbemaTV、 U-NEXT、Google Play Music、 YouTube Music、 Apple Music、 Spotify、 AWA、 Amazon Music、 LINE MUSIC、 dヒッツなどの通信量がカウントされません。

ここに魅力を感じ、私はBIGLOBEモバイルに変えました。

家族のLINEモバイルは、やはりLINEでのやりとりが多い事、LINEの無料通話を使うことが理由です。

格安simの弱点は、キャリアのように同じsim会社を使っていても通話が無料にならない事だと思っています。

これができれば最強だと思うのですが…。




 

LINEモバイルのプランが変わる

そんなLINEモバイルですが、なにやらプラン変更が行われるようです。

まずは、現状のプランを見ていきましょう

LINEフリープラン(LINEのみデータ消費ゼロ)※一部の機能はデータフリー対象外です。

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

コミュニケーションフリープラン(LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ)※一部の機能はデータフリー対象外です。

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

MUSIC +プラン(LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ)※一部の機能はデータフリー対象外です。

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

 

では、新料金プランです。

音声SIMかデータSIMか?と、容量を決めます

データ容量 データSIM(SMS付き) 音声SIM
500MB 600円 1100円
3GB 980円 1480円
6GB 1700円 2200円
12GB 2700円 3200円

データフリーオプションを決めます

オプション名 料金
LINEデータフリー +0円
SNSデータフリー(LINE、Twitter、Facebook) +280円
SNS音楽データフリー(LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC) +480円

 



値上げなのか?値下げなのか?

比較してみます。結論から言うと、私は実質値下げだと思います。

SNSデータフリーからインスタが省かれているので、SNS音楽データフリーの金額で比較してみます。

容量 旧プラン 新プラン
1GB 1580円
3GB 2390円 1960円
5GB 2720円
6GB 2680円
7GB 3280円
10GB 3520円
12GB 3680円

 

LINE MUSICを使うには

オプションの月額料として750円かかります。ここは要注意ですね。

上記金額+750円です。LINE MUSICもカウントフリーと言われると、一瞬月額基本料も含まれていると思ってしまいそうですが、あくまでもカウントフリーなので間違えないように気を付けてください。データのカウントがフリーというだけですので…。